給与計算での処理の対応

  • 給与計算業務の重要性

    • 企業と従業員は労働に対する対価として給与をもらいという労働契約によって結ばれています。



      どんな業種、規模の企業でもこの労働契約は結ばれており、給与は企業が労働者に支払う義務となっています。
      その給与を一人一人計算し、支給の準備をすることを給与計算と言われています。



      給与計算は毎月決まった期日までにミスのないように計算し、支払いを済ませなければなりません。しかし決まった一律の金額を支払えばいいという訳ではなく、それぞれの従業員の勤務状況や有給など、企業の就業規則に合わせて確認しなくてはならないのです。



      また日本では所得税や住民税などの税金は給与から差し引いて企業が納めなくてはなりません。

      健康保険料や厚生年金保険などと言った保険料も同様に給与から控除し納付します。



      なので給与計算業務は就業規則のみならず様々な法律などもからめて計算することが求められているのです。

      これらは非常に煩雑で、すべて人の手で行うと多くの人件費とコストがかかってしまいます。
      そこで多くの企業がこの給与計算業務を自動化させることで人件費とコスト削減を目指しています。



      自動化させるために企業がしているのは給与計算ソフトの導入です。

      ソフトの導入によりある程度計算が自動化されるので、計算ミスを防ぐことができ、少ない人手で業務の効率化を進めることができるのです。


      また複雑な法律の改正などもソフトの導入によってすぐにバージョンアップすることが可能です。

      給与は企業と労働者を結ぶ重要なものです。



      確実に正確に支払いができるように企業は対策をとることが重要なのです。


  • 関連リンク

    • 給与計算というのは、色々な項目がありますから、それを少しでも効率的にしたほうがよいのです。そのために給与計算ソフトがあるのです。...

    • 企業が従業員の給与計算を行う場合の注意点は、法令を守って正しく計算することです。もちろん労働基準法等の労働関連法規が守られていて、その労働時間等のデータが正しく給与計算のシステムに流れてくることが前提ですが、給与計算のプロセス自体にも計算を複雑にしている要素がかなりあることを理解しておくことが大事です。...