給与計算での処理の対応

  • 給与計算は社会保険料と賃金テーブルと税金がポイント

    • 企業が従業員の給与計算を行う場合の注意点は、法令を守って正しく計算することです。



      もちろん労働基準法等の労働関連法規が守られていて、その労働時間等のデータが正しく給与計算のシステムに流れてくることが前提ですが、給与計算のプロセス自体にも計算を複雑にしている要素がかなりあることを理解しておくことが大事です。複雑にしている点は、社会保険と賃金テーブルと税金です。



      まず社会保険関連ですが、給料から従業員が自己負担する保険料の料率は毎年のように変わります。

      この改正をしっかりシステムに反映することが大事です。



      また、出産育児休業中は申請することにって健康保険や厚生年金の保険料が免除になりますのでその対応も必要です。



      賃金テーブルについては、年齢別やその人の格付けの何年目等によって基本給が決まっていきますが、マスター管理をしっかり行い間違いない計算がシステムできるにすることが大切です。さらに、春闘などでこの賃金テーブル自体が書き換わるケースは細心の注意が必要です。

      最後が所得税や住民税に関することです。



      給与所得者は、原則として会社がこれらの税金を源泉徴収し、それを会社が本人に代わって納税することになっています。

      この金額計算方法も税法で決まっているため間違いなく行う必要があります。



      さらに、年末には年末調整を行ういますが、このステップが終了しないと正確な納税額を確定できないため年末の給与の計算は特に注意深く対応する必要があるでしょう。


  • 関連リンク

    • 企業が従業員の給与計算を行う場合の注意点は、法令を守って正しく計算することです。もちろん労働基準法等の労働関連法規が守られていて、その労働時間等のデータが正しく給与計算のシステムに流れてくることが前提ですが、給与計算のプロセス自体にも計算を複雑にしている要素がかなりあることを理解しておくことが大事です。...

    • 給与計算というのは、色々な項目がありますから、それを少しでも効率的にしたほうがよいのです。そのために給与計算ソフトがあるのです。...